4月21日(土)ヒルデガルト — 緑のよろこび 上映とお茶とお話

投稿日: カテゴリー: イベント情報

 

ホームページでの告知が遅くなりました。ぐらんどでみなさまと共に集まって心地よい時間をすごしたい、そんな場を準備しています。

ゆっくり小学校ようむいん、上野 宗則さんから繫がって、ヒルデガルドの伝道者平垣 美栄子さんとの出会いがありました。
(興味のある方はゆっくりwebもごらんくださいね)
そしてこの度、映画の上映とお話の会を開くことになりました。
スローシネマ「ヒルデガルド 緑のよろこび」の紹介文です。
************************
エコロジーやホリスティックというキーワードを手掛かりに、伝統的な叡智を掘り起こす映像作品スローシネマ。今作では、中世ドイツに生きた偉大な女性、ヒルデガルト・フォン・ビンゲンに光をあてていく。一時は歴史に埋没していたこの女性に、近年、ヨーロッパを中心に急速に注目が集まり、彼女の思想に拠り所を求める動きが、じわじわと広がっている。彼女の思想とはなにか。また、彼女の根本思想である、“ヴィリディタス”とはなにか。ヒルデガルトから影響を受けた、5人のゲストへのインタビューを通して、それらをわかりやすく、明らかにする。
************************

わたしは若いころにとても影響を受けた人がいて、なんだかヒルデガルドと重なる部分がある気がして、シンパシーを感じます。
その人がおっしゃっていた言葉のひとつが以下のようなものでした。

「距離における「より遠く」とか、面積における「より広く」とか、速度における「より速く」とかいうものと、我々の幸福の要素、安全とか愛情とか信頼とかいうものとは、あまり関係のあるものではありません。」

ゆっくり小学校もまた、平垣美栄子さんも同じようなことを言っています。
************************
平垣美栄子(ヒルデガルト・フォーラム・ジャパン 代表)
20数年前に震災にあった後、それまでの順風満帆の生活に、違和感を覚えるようになりました。そうしたなか植物療法に出会い、植物や自然界にあるものを使って人々に癒しを与えた中世の女性、ヒルデガルト・フォン・ビンゲンに巡りあいました。大きな社会の規制や枠組みを超えて、目の前にあるものをしっかりとみつめ、知る、そのような彼女の丁寧な生き方に心動かされ、ここに誰もが気づくべき真理があると直感したのです。
さっそく、日本ではまだ殆ど知られていなかったこの修道女の研究会を立ち上げ、月に一度の勉強会を始めました。私にヒルデガルトを教えてくれたペーター先生も、2年ごとにドイツから教えに来てくれるようになりました。宗教だから、有名じゃないから、科学的でないから……、当初はほとんど見向きもされない、地道な活動の連続でした。
でも私は出会ったのです。スローを目指す人たちに。より早く、より強く、より大きくという、現代が突き進んでいるのとは、真逆の考え方をもつ人に。
「美栄子さんは、どうしてヒルデガルトに興味を持ったの?」
ナマケモノ教授こと辻信一さんの質問に、私は一生懸命答えました。本当に拙い言葉だったけれど、こうやって理解して、表現してくださる方が、ついに私の目の前に現れてくれました。
人と場所と時間が応援してくれて、美しい映像作品が出来上がりました。ヒルデガルトがそうであったように、この映画も、出会うべくして出会った人々の思いが響きあう素晴らしい作品です。
この映画が私たちの足元を照らし、毎日を、今を、大切に生きていく光になりますように。
************************

中世に生きたヒルデガルドのメッセージは色あせることなく、今生きる私達に示唆をあたえてくれると思っています。

人(自分)もまた、万物と一つながりだったこと、自然の一部だということ、今更なんだけど思い出して、自分を全うすること、幸せに生きること、なんかを考える時間になったらいいなぁ~と思っています.。ヒルデガルドのレシピを参考においしいお菓子も用意する予定です。
~ますいよしえより~

「ヒルデガルト — 緑のよろこび」上映とお茶とお話
日程 :2018年4月21日(土)
時間 :13:00~15:30
会場 :デイサービスぐらんど 1Fカフェスペース
神戸市中央区脇浜町3丁目5-22-2
定員 :30名
参加費:1000円

参加したいなと思ったら
[ ground@3-u.link ] にメールにてお申し込みのご連絡お願いします
件名「ヒルデガルト — 緑のよろこび」上映とお話 参加希望
としてください。
お名前 連絡先(電話番号、メールアドレス)を明記の上、お申込みください。
受付後、メールでお返事します。

連絡先:ますい [ ground@3-u.link ]